読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

内村航平ポケモンGO不覚の通信料50万円 その理由とTwitterの反応とは

内村航平さんのポケモンGOで通信料が50万円になってしまったそうです。

どうしてそうなってしまったのか、
同じ被害者がでては大変だと思ったので記事をまとめますね。

 

どうして50万円の通信料になってしまったのか?

  事前合宿地サンパウロでのこと。ふと携帯電話の通信料を確認した内村は、目を疑った。「50万円…」。何度も見直したが間違いなかった。
 思い返すと、ブラジル入り後に「ポケモンGO」のアプリをダウンロード。現地で未対応なことを知らずに使い続けていた。
データ通信の設定を誤り、定額制プランから外れていたという。「あの日の食事会場での航平さん、表情が死んでいました」と白井健三日体大)。日本の妻に報告すると、あきれられた。

引用:体操の内村航平、ポケモンGOで“通信費50万円” 白井健三「表情死んでた」 (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)

なるほど、なるほど
データ通信の設定を誤って定額プランから外れてしまったんですね。
でも定額プランって急にはずれるもんなんですか?

と思って調べてみたのですが

 

通常、海外でのスマホの通信は"データローミング"という機能を使って行われる。これは、日本の携帯電話会社の電波が届かない海外へ渡航した際に、現地で提携しているキャリアの電話回線を使って通信できる仕組みだ。
つまり、"データローミング"を使うと現地の通信事業から日本を経由してアクセスすることになる。携帯電話各社ではそれぞれ海外通信向けのパケット定額サービスを用意しているが、スマホを初期設定のまま海外へ持ち出すとこのサービスが適用されず、通信費が莫大(ばくだい)になってしまうことも。渡航前にきちんと設定を確かめておくことが大切

海外専用のパケット通信サービスを受けなければならなかったのですね。。

 

Twitterでの反応は?

 
表情が死んでたって言葉が面白いみたいですね。。内村航平さんカワイソス。
 

まとめ

今回大きなニュースなったのは内村航平さんには悪いですが、これから海外旅行でパケ死を防ぐ予防につながったんじゃないかと思います。
 
これは、携帯会社ももっと大きく宣伝して海外のプランの説明をしたほうがいいのではないのかなと思いました。