読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

世界のやまちゃんの創業者山本重雄さんのプロフィール(経歴・画像)と死去の病名と原因は?

居酒屋チェーン世界のやまちゃんの創業者の山本重雄さんが、解離性大動脈瘤(かいりせいだいどうみゃくりゅう)

お亡くなりになりました。

ご冥福を、お祈りしながら山本さんのプロフィールについてまとめたいと思います。

 山本さんのプロフィールは?

山本 重雄(やまもと しげお、1957年9月14日 - 2016年8月21日[1])は、日本の実業家。株式会社エスワイフード代表取締役会長。

引用:山本重雄Wikipedia

 代表取締役会長で、ありながら59歳っていうのは若くてまだまだバリバリだったと思います。非常に残念です。

 

山本さんの経歴は?

1981年に名古屋市で1号店を開業。名古屋名物の手羽先を看板メニューとして、国内では愛知県を中心に北海道や関東、関西などで店舗網を拡大させた。エスワイフードのホームページによると、香港やタイ、台湾にも進出している。(共同)

引用:手羽先「世界の山ちゃん」創業者、山本重雄氏が死去 59歳、大動脈解離 - 産経ニュース

名古屋の手羽先を国内で拡大させて、海外まで進出していたんですね!

 

山本さんの画像は?

f:id:activity1990:20160822181402j:image

出典:山本 重雄|名古屋名物“手羽先”を全国で72店舗展開するスゴい人! | 日刊スゴい人!

立派な変人とは深いですね。立派なんだど、普通になるな個性的であれと私は解釈しました。

f:id:activity1990:20160822181403j:image

 出典:「世界の山ちゃん」にはまりそう: マーケティング・ブレイン

まだ1〜2店舗あたりの頃の写真です。イケメンですね。

 

解離性大動脈瘤とは?

 大動脈(だいどうみゃく)の壁に内膜亀裂(ないまくきれつ)(裂け目)が生じ、中膜(ちゅうまく)内に血液が流入し、大動脈が真腔(しんくう)と偽腔(ぎくう)(解離腔(かいりくう))に分離された状態を大動脈解離(だいどうみゃくかいり)といいます。発症後2週間以内のものは急性解離(きゅうせいかいり)といいます。

引用:https://kotobank.jp/word/

なかなか難しい病気です。大動脈が真腔と偽腔と分離されちゃうことを言うらしいです。詳しい原因は不明で、動脈硬化や高血圧が関係してるみたいで先天性(生まれつき)なりやすい人もいるみたいです。

 

症状は?


突然、胸あるいは背中に杭が刺さるような激痛が起こり、病状の進展につれて痛みが胸から腹、さらに脚へと下向きに移っていくのが特徴です。いきなり意識消失状態やショック状態となる方も少なくありません。裂けた箇所によって、また病状の進展によって、大動脈弁閉鎖不全や脳虚血症状(意識消失、麻痺)、腸管虚血症状(腹痛、下血)、腎不全、下肢虚血症状などの併発症状を引き起こすこともあります。新たな血液の流れ道(解離腔または偽腔)を通して、血液が薄くなった外膜から染み出したり破裂すると、や血胸をおこします。また主要な臓器への分枝血管にまで(解離→)裂け目が進展すると、血流障害によって各種臓器が虚血壊死を起こし、で死に至ることもあります

引用:解離性大動脈瘤(大動脈解離)って?|血管の病気を知ろう!予防にいかそう!血管の病気について 日本血管外科学会

杭が刺さるような激痛ですか・・・。

誠にご冥福をお祈りします。

 

まとめ

日本の各地や海外にも名古屋の手羽先を拡大させてくれた山本重雄さん

若くして、亡くなられたのはとても残念に思います。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。