読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

田中角栄 名言の本は!まさに人を惹きつける天才だった・・

昭和を代表する政治家であり、元総理大臣である田中角栄さん。

彼は、最近死後20年ほど経ちますが、今でも田中さんの天才ぶりや名言などが人々に伝わっています。

田中角栄さんの凄いところは豪快さや言ったことは必ず実行する有言実行型なところです。

今日は、田中角栄さんの名言とその本について記事にしていきますね。

 f:id:activity1990:20160924070834j:image

出典:Amazon

 

田中角栄の名言は?

田中派の若手議員が美人局に引っ掛かってしまい、田中角栄に100万円の清算金を無心してきた時には、電話を受けるや否や話半分に承諾。ものの30分で若手議員の下に届いた封筒には300万円が封入されており、「100万円でけりをつけろ」「次の100万円で不始末のせいで苦労した周囲の人間にうまいものを食わせてやれ」「次の100万は万が一の場合のために持っておけ」「全額、返済は無用」というメモ書きが同封されていたそうです。

引用:斜め上からこんにちは

豪快すぎる〜。ワイルドだろう〜!

これは、もし自分が部下でしたら田中角栄さんにずっとついて行きたくなるでしょうね!しかも返済無用って・・

これくらい豪快さをもって政治活動をしてくれる政治家が増えれば今の日本も良くなるのではないでしょうか。

「私が田中角栄だ。小学校高等科卒業である。諸君は日本中の秀才代表であり、財政金融の専門家ぞろいだ。私は素人だが、トゲの多い門松をたくさんくぐってきて、いささか仕事のコツを知っている。・・・・・・一緒に仕事をするには互いによく知り合うことが大切だ。われと思わん者は誰でも遠慮なく大臣室にきてほしい。何でも言ってくれ。上司の許可を得る必要はない。・・・・・・できることはやる。できないことはやらない。しかし、すべての責任はこの田中角栄が背負う。以上。」

引用:同上

田中角栄さんの学歴は高等小学校卒みたいです。学歴を気にせず

54という若さで総理大臣になり、大蔵大臣になった時はまだ44歳だったといいます。その時に大蔵省の幹部達を前に言った名言が上に書かれてあるのです。

「私が田中角栄だ」「できることはやる、できないことはやらない。しかし、すべての責任はこの田中角栄が背負う。以上。」って部分は私は好きです!

責任って誰しもが背負いたくないですよね。喜んで引き受ける人なんでそうそうはいないと思いますが、この言い切った感じが気持ち良いほど豪快です。素晴らしい。

 

 

 

田中角栄について書かれた本は?

東京都知事石原慎太郎さんですが、実は反田中派だったみたいですが。

「天才」というタイトルです田中角栄さんについて本を書かれています。

ヨイショする程、田中角栄さんを実は認めていたのでしょう(笑)

今では、45万部というベストセラーとなっています。

この本は、誰でも非常に読みやすく作っていてサイズも行間も意識してあって大体1〜2時間あれば読み終えちゃいそうなスケールです。

 

世の中たくさんの田中角栄さんの本は出ていますので、詳しく知りたい人はそっちを読んだらいいと思うし、ライトに田中角栄ってどんな人だったの?って初めての方が田中角栄さんに触れるならこの本を読んでいただきたいですね!

 

まとめ

これくらい豪快な政治をする人は、これから出てくるのでしょうか。今

の日本には田中角栄さんみたいな政治家が必要だと思います。

彼ほど人を魅了して、人々を愛し、まっすぐ日本に尽力した政治家は本当に少ないと思います。

あの石原慎太郎さんも天才というタイトルで本を書かれていますが、

田中角栄という人物は天才と言っちゃえば呆気ないですが、実際相当な苦労をして、波乱万丈な毎日を過ごしていてそれでも世の為に尽力したことは忘れてはいけないと思いました。

今後彼のような政治家が出てくる事を願いましょう!