読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

2016年 10月の花粉はどうなの?10月でも油断は禁物!

花粉に悩まされる季節が刻一刻と近づいてきていますよね。

食べ物の美味しく食べられて、暑さも引いて過ごしやすくなってきます。

せっかくなら秋を楽しむ為に花粉症の方は、是非チェックしていただきたいです。

一番のピークは2・3・4月あたりですが、実は10月ぐらいからスギ花粉の飛散量が少しずつ増えてきていいるのです。

なので、2016年の10月の花粉の状況はどうなのか!記事にしていきますね。

 

 

 

10月の花粉はどんな状況なの?

春の花粉の代表格として有名なのは、スギ・ヒノキ・ハンノキです。

秋の花粉は何かといいますと、ヨモギ・ブタクサ・キリン草・カナムグラ

これらが、大きな秋の花粉の原因です。

んで、恐らくほとんど方がスギ花粉にアレルギーを持ってる人が大多数です。

実は、10月でも春ほどではないのですが、スギ花粉も飛散しているそうです。

これが秋も花粉症になるといわれる原因となっています。

秋の花粉の代表格が、アレルギーが無い方でもスギ花粉が飛散していますので、花粉症の対策は必要ということがわかりますね。

花粉症になる人は急激に増えてきている?

私も昔から花粉症で毎年悩まされていますが、以前なにも花粉症にならなかった方が急に花粉症へなってしまう方が増えているそうです。

役日本人の三割の人が花粉症に悩んでいるというデータもでています。

具体的な理由は、「食生活の変化」「免疫力の低下」「花粉飛散量の上昇」

などがあげられます。

では、なぜ花粉の飛散量が年々上昇しているのでしょう。

昔に比べて大気中の化学物資が増えたこと植物にしても空気も水も土も汚れてきたのなら、生活状況が悪くなると一緒ですので、種族繁栄のために沢山花を咲かせるそうです。

環境が悪くなりますと、花粉の飛散量が増えるこれに繋がってきますので注意が必要です。

 

今から簡単にできる花粉症の対策は?

期間中は、部屋の加湿に気を配りましょう。

スギ花粉の粒子は、湿気を含むと重くなって落下します。乾燥していると、空気中を

舞っているので、目に入ったりします。加湿器がないよ〜って方は洗濯物を部屋干しするのをおすすめします。

花粉症の大きな原因の一つは、ストレスです。ストレスが溜まると花の粘膜を乾燥させるので、異物をうまく排除できなくなり粘膜内に花粉やウイルスが侵入しやすくなりmす。

あとは、基本的な生活習慣を整えることです。食生活や適度な運動、しっかり睡眠をとるなど免疫力を高めていきましょう!

 

まとめ

私自身も10月は全然花粉症とは、関係のない月だなとたかをくくっていたのですが、

花粉の飛散量が増えてきていたり、秋の食欲で食生活が乱れたりして免疫力が落ちて

花粉症になってしまう可能性があることは知らなかったです。スギ花粉はすでに飛散してるそうなので、

今からでもしっかり対策しておけは、シーズンが来ても対策ができているので対策していない状況よりは楽に過ごせると思いますので、花粉症の方は気をつけてみてください!