読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

2016年 阿蘇山 噴火の最新情報は!火山灰が降灰し外出を控えた方がいい地域も?

気象庁熊本県阿蘇山で8日の午前1時46分頃、噴火が発生したと発表されました。

現在、噴火レベルは3に引き上げられています。

噴火レベル3って一体どんなレベルなの?火山に疎い私はそう思いました。

ですので、噴火レベルを含め噴火の最新情報についてまとめていきたいと思います!

 

f:id:activity1990:20161008070824j:plain

出典:げーむ

 

 

噴火レベル3ってヤバいの?

噴火レベル3というのは、警報で入山規制のレベルみたいです。

 

なんだ!入山規制かって思うのですが

火口から移住地域近くまでが該当して、その地域には重大な影響を及ぼして命を危険性に晒す可能性があります。

警戒が必要な移住地域は、避難の準備と要配慮者はその時点で適切に避難が必要です。

まだ非常にヤバいっていうレベルではありませんが現地の方は今後の情報は常にチェックされることをお勧めします。

 

火山灰が降灰している?

気象庁灰10月8日の3:15に降灰予報を発表して熊本県大分県まで広い地域で

やや多量〜多量の降灰が予想されています。

■降灰が予想される地域(気象庁、8日08:00まで)
【多量】
熊本県 :阿蘇市南小国町産山村、高森町、南阿蘇
大分県 :竹田市

【やや多量】
大分県 :大分市別府市豊後大野市由布市、日出町、九重町

 引用:Yahoo!ニュース

少量降る地域はとても多かったので特に注意が必要な地域を引用しました。

火山灰は、灰の粒子が小さく細かく吸い込むと肺の奥のほうまで入り込んでしまうみたいです。

そうなってしまうと咳の増加や炎症を伴う胸の不快感などが起きてしまうそうです。

ですので、なるべく吸い込まないように外出を控えるや適応しているマスクを着用するなど対策をしてください。

火山灰が多量の地域は、車の運転は大変危険ですのでお控えください。視界が悪く地面が灰で覆われるため運転は困難です。やや多量の地域でも路面が見づらくなる可能性がでてきますので、徐行運転をするなどして注意をお願いします。

 

レベル3でこのぐらいの危険性があるって・・入山規制か〜ってはじめは思っていたのですが火山灰が降るだけで危険で注意が必要だとはわからなかったです。

大きな爆発での噴火は36年ぶりということなので、普段対策をしてたとしてもパニックに陥っちゃいますよね。

現地の方は冷静になって行動するようにしてください!

まとめ

深夜に襲った急な阿蘇山の噴火で熊本はパニック状態でしょう。この間の地震のこともあって、まだ傷は癒えない状況に追い打ちをかけるような状態は悲劇だと思います。

 

この爆発的噴火は実に36年ぶりだともいいます。ですので、本当に被害が最小限で収束してくれることを祈っています。火山灰が多量の地域の方は、できるなら外出を控え気象庁の情報をチェックしていて、避難が必要なレベルになったらすぐできるように

荷物をまとめるなど、対策はしておいた方がいいと思います。

私も静岡に住んでるので富士山の噴火のことも将来あると思いますので、噴火の対策の知識はつけていこうと思った次第です。

もし、また何か情報の更新があったら記事にしていきたいと思います。