読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

平尾誠二 癌の病名は何か!元ラグビー選手でも癌には勝てず・・

10月20日に癌でお亡くなりになられた、元ラグビー選手の平尾誠二さんですが

まだ、53歳という若さで命を落とされたことに心よりご冥福をお祈りいたします。

 

日本のラグビー会を盛り上げてくれた平尾誠二さんですが、癌の病名はいったい何か。

あれかだけ屈強なミスターラグビーと呼ばれていた方でさえ、癌にやられてしまうとは・・

健康は健康の時にはありがたみが分からないですが、いざ病気にかかってしまったときに健康のありがたみがわかりますよね。

果たして、どんな癌の病名で命を落とされてしまったのか、ご冥福をお祈りしながら彼の経歴を含めつつ記事にしていきたいと思います。

f:id:activity1990:20161021210604p:plain

出典:マグせんべい!

 

 

 

平尾誠二 癌の病名は何か?

実は、公式な死因病名の発表はご自身の意向もあるのか、公開されていません。

なので、ネット上の憶測になってしまのですが

 

胆嚢癌(たんのうがん)という噂があがっていますね。

 

原因は肥満や高カロリー摂取、野菜・果物不足があるそうです。胆嚢癌対策には、規則正しい食生活が大事になってきますね。

 

胆嚢癌自体に、非常にたちが悪く初期症状が一切なく健康診断で見つかるそうです。

なので、健康診断をしてないと手遅れな状態でみつかることもあるそうなのです。

ちなみに胆嚢とは右上腹部に位置し、肝臓と十二指腸をつなぐ胆管の途中にある袋状の臓器ですね。

 

前回のワールドカップ直前あたりでも突然倒れたらしく、身体の具合はずっと悪く闘病生活はずっとしていたのです。

 

激やせは抗がん剤が原因か

抗がん剤を使用すると身体に大きく負担がかかります。そこから痩せてしまったのでしょう。抗がん剤の治療は使った事人しか辛さがわかりません。

 

f:id:activity1990:20161021210715j:plain

出典:従者ヨシコの芸能ブログ

闘病生活もずっと長かったと思いますが、非常に辛かったことがわかりますね。

 

今年の4月6日行われた講演会では、すでに痩せていたので闘病生活はやはり昨秋あたりから抗がん剤治療が行われていたのでしょう。

長い闘病生活の中でも、講演会を開いたりラグビーの実況解説するなど世の為に貢献されていたことを考えると本当に恐縮ですが、お疲れさまでしたとお伝えしたいですね。

 

平尾誠二のプロフィール

平尾 誠二(ひらお せいじ、1963年(昭和38年)1月21日 - 2016年(平成28年)10月20日)は、日本の元ラグビー選手。元日本代表であったほか、元日本代表監督、神戸製鋼コベルコスティーラーズ総監督兼任ゼネラルマネージャーなどを歴任した。
卓越したプレーと端正な顔立ちからラグビー界を超えた人物となり、ついにはミスター・ラグビーとまで呼ばれるようになった。

引用:Wikipedia

ミスター・ラグビーかっこよすぎます。。

平尾誠二さんが一番凄いので19歳という若さで史上最年少で日本代表に選ばれていることです!平尾誠二さんが同志社大学のセンターのポジションで、大学選手権3連覇と偉業の成績ですね。

神戸製鋼に就職後は、日本選手権で7連覇と平尾誠二さんが所属していたチームは見事優勝を重ねていたのです。

もちろん、プレーは一流だったんですが、教えるコーチとしても一流だったののが平尾さんの更に凄いところですよね。キャプテンとしてチームにいるだけでも士気があがる平尾さんは、本当にミスターラグビーの異名があっています。

 

まとめ

この度は、本当に惜しい人を亡くしてしまったと皆おもっているとおもいます。

まだ53歳とコーチとしては現役レベルで、これから日本のラグビー界を引っ張っててくれると期待していたのですが、とても残念です。

闘病生活も大変苦しかったとは思いますし、本当に心からご冥福をお祈りしたいと思います。

健康のありがたみは普段は気づかないものですが、いざ病気をしてみると健康であるだけでも幸せなことだなと思いますので、普段から健康で生活できる幸せを噛み締めて生活していきたいものですね。