読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

タバコ 値段の推移は!1000円に値上げしたら誰も買わなくなるんじゃないの?

タバコの値上げの問題が浮上しているようです。

これ以上の値上げは、喫煙者にとっては頭を抱えてしまいますよね。

 

自民党受動喫煙防止連盟会長の山東昭子参院副議長が菅官房長官と会い2020年の東京オリンピックに向けて、

 

受動喫煙防止ときてタバコ一箱の金額を1000円に引き上げることを申し入れたそうです。

1000円にもしなったら、さすがにタバコ吸う人は減って税収も減ってしまうのではないかと予想されますが、一体どうなってしまうのでしょう。

 

タバコの増税によって今までの値段の推移はどのようにあがってきたか、今回の値上がりについて喫煙者の反応と禁煙者の反応についてまとめてみましょう!

 

 

 

タバコ 値段の推移について

今日本で一番売れている銘柄がセブンスターと言われています。

そのセブンスターは現在20本一箱で440円です。440円でも高いなぁ〜って思いますよね。

1969年(昭和44年)2月1日発売 100円

1975年(昭和50年)12月18日~ 150円

1980年(昭和55年)4月22日~

180円

1983年(昭和58年)5月1日~

200円

1986年(昭和61年)5月1日~

220円
1997年(平成9年)4月1日~

230円

1998年(平成10年)12月1日~

250円

2003年(平成15年)7月1日~

280円

2006年(平成18年)7月1日~

300円
2010年(平成22年)10月1日~ 440円

引用:Yahoo!知恵袋

一箱100円の時代もあったとは、、それぐらいの価格なら吸う人口も相当いたでしょうね。。

 

過去最高でも140円の値上げなのに、今回協議されようとしている値上げ価格は1000円なので、倍以上に引き上げられようとしています。

 

ネット上では様々な意見があげられていますが、私は非喫煙者ですが

 

受動喫煙を防止する為に、1000円にあげるということですが、マナーをちゃんと守ってる人に対していったいどうなるの?って思いはあります。

 

もちろん、1000円にすればマナーが悪い層は買えなくなりそうな金額ではありますがいきなり1000円となりますと反感をかってしまうのではないかと

 

そして金銭面吸えなくなった人が、イライラしてて治安の悪化も考えられますね。

 

 

喫煙者側の反応は?

 

 

 やはり、1000円となりますと辞めるという声が沢山あがっていますね。

辞めたいっておもっていても中々辞めることができないのがタバコです。

ヘビースモーカーの人は禁煙はできなくても節煙はすることになるでしょうから、精神的にも辛くなるのではないでしょうか・・。

 

 禁煙者側の反応

 禁煙者が側の方も少し増税に対しては賛成の方は多かったのですが、やりすぎなんじゃないの?って思う方がいましたね。

 

私は禁煙者なのですが、いきなり1000円っていうのは喫煙者を攻め過ぎだとは思いますね。

 

受動喫煙防止でなら、ちゃんとマナーを守らせるように法律を厳しくするなど色々やることはあると思います。

 

まとめ

私は、喫煙者ではないので吸いたいときに吸えないことの辛さって分からないのですが、結構辛いみたいですね。

 

1000円になってしまいますと、嫌でもやめざるおえなくなる人や、数本数を減らすなどして節煙をする人も間違いなくでてきますよね。

 

そうなると、喫煙者はストレスが溜まって、治安が悪くなることも考えられます。

買う人も減りますので、税収が減ります。

 

そうなりますと、更にどこかで税収を確保することになりますので、別のところで増税が考えられます。

 

受動喫煙防止が目的なら、マナーを守るように呼びかけたり、ポイ捨てなどの取り締まりを厳しくするなど色々あるのではないかと思う訳です。

 

他にも無駄を削るところは削って喫煙者に極端に無理がかからないような増税の仕方を期待したいところですね!