読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

イルカ 神部和夫が難病のパーキンソン病だった!爆報フライデーで20年間の闘病生活の苦悩を語る?

なごり雪で有名な歌手イルカの夫の神部和夫さんが、2007年の3月21日急性腎不全で亡くなっています。

 

イルカさんは、20年の間神部和夫さんの闘病生活を支え続けでいます。

11月25日の爆報!フライデーでは、介護で北海道と東京を行き来して夫を支えたイルカさんの苦悩について語られるそうです。

パーキンソン病とはいったいどんな病気なのか、調べてみました!

 

 

 

イルカ 神部和夫が患った難病のパーキンソン病ってどんな病気?

主に40歳から50歳以降に発症し、ゆっくりと進行する原因不明の神経変性疾患です。神経伝達物質の一つであるドーパミンが減少する事で起こると考えられています。パーキンソン病の日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人と言われており、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定され、高齢化社会を迎えるにあたって、今後ますます患者数は増えると予想されています。パーキンソン病は50歳、60歳代で発病することが多いのですが、70歳代以上の高齢で発病する方も稀ではありません。また、時には40歳前に発病する方もいます。一般的には遺伝する病気とは考えられていませんが、年齢の若い段階で発病した方の中には、遺伝子の異常がある方がいる事が解ってきています。

引用:東海大学医学部脳神経外科

1000人に一人の病気ってめずらしい病気とは言えないレベルですね。原因不明っていうのも厄介ですし、これから高齢化社会が進むにつれて発病率があがるのは心配です。

ドーパミンって減少するものだったのは知らなかったです。非常に怖い病気です。

主な症状は、

手足のふるえ、手足のこわばり、転びやすくなる、が代表的な特徴です。他にも神経症状精神症状には、気持ちの落ち込み、意欲、自発性の低下、夜間の不眠、認知の問題が知られています。自律神経症状には、よだれが多くなる、顔が脂ぎってくる、トイレが近くなる、汗が多くなる、、手足のむくみ、と多くの症状がでてきます。

基本的な生活が難しくなる病気ですので、なってしまったら大変な病気です。

 

難病のパーキンソン病の予防や治療法ってあるの?

パーキンソン病の治療法は、

主にくすりの治療と、リハビリと手術治療の三つのパターンにわかれます。

パーキンソン病の治療は、原因である不足したドーパミンを補う事で症状を緩和する薬物治療が最も重要です。飲み薬として直接補充する事ができる様になっています。また、神経細胞の連絡の仕組みの中でドーパミンの作用が解明されてきた結果、ドーパミンの働きを補助する点が解ってきて、この働きを補助する点に作用する複数のくすりが使用できる様になっています。効果の異なるクスリを組み合わせてより効果的な治療を行うなど、きめ細かい対応が行われています。ただ、どのクスリを選ぶのか、どのくらいの量のクスリを服用するのか、については、それぞれの患者さんの症状、年齢などを考慮して判断しており、病状に合わせた適切な治療を行うためには、定期的な診察が必要です。

引用:同上

 

リハビリ

運動症状が主なパーキンソン病では、様々な運動療法リハビリテーションとして行われており、病状の安定や緩和、日常生活の向上において大切な治療と位置づけられています。ストレッチ運動などは、毎日の習慣として取り組んでいる方も多く、病状に合わせたより専門的なトレーニングと合わせて、症状の軽減や苦痛の緩和に有益な治療となっています。

引用:同上

 

手術治療

クスリの治療やリハビリテーションの治療も長期間行っていると、様々な問題点に直面します。クスリの効き方が一定でない事や副作用が出てくる事、クスリの調節によっても良くならない症状があるなどです。クスリとリハビリテーションを補充する治療として、手術治療があります。以前より、特定の症状の緩和を目指した手術は行われきましたが、特に最近では脳深部刺激療法(Deep Brain Stimulation: DBS)と呼ばれる新しい治療法が開発され、一定の効果が得られる事がわかってきました。原因を解決する手術では無いので病気の方全てに勧められる方法ではありませんが、クスリやリハビリテーションの効果が乏しい特定の病状の方には、優れた症状緩和効果を示す場合があり、第3の治療として位置づけられています。
クスリの効果は明らかにあるが短時間で効かなくなってしまう場合や、効いている時と切れているときの症状が全く異なる方、クスリの増量を考えたいが副作用で飲めない方、クスリの副作用が強くなりすぎる方、ふるえや足のすくみなど特定の症状が強く残っている方などの中で、より慎重な判断で手術治療をお勧めすべき方を選んでいます。

引用:同上

基本的には飲み薬でドーパミンを補うことで、治療を行うのがメインになってくることがわかりました。

絶対なりたくないパーキンソン病の予防はできるのでしょうか。

 

・運動をすること

・コーヒーを飲む事

ドーパミンを出す事

が予防に繋がるみたいです。ドーパミンを出すには、新しいことに挑戦したり、よく笑い頭を使うことでドーパミンがでるそうです。

逆に、毎日が同じことの繰り返しで刺激が少ない日々を過ごしていたら、パーキンソン病の発病率が上がると思いますので、注意が必要ですね。

 

まとめ

神部和夫さんは、59歳という若さで亡くなっています。20年は闘病生活だったみたいですので、39歳の時にパーキンソン病が発病したことになりますね。

 

イルカさんは、パーキンソン病神部和夫さんを支え続けながら歌手としの人生を全うしました。人間いつ、どんな病気になって亡くなってしまうかは分かりません。

いま私も含め健康な方は、健康って幸せな事だと思います。

パーキンソン病は、ドーパミンが減少してなってしまう病気で1000人に一人というそこまで珍しくはない病気ですので、ちゃんと対策をしていきたいですね。

毎日が同じことのくりかえしでエキサイティングしていない方は、要注意で新しい趣味に挑戦したり、新しい場所へいったり、新しい人に出会うことで脳が活性化して予防につながりますので、挑戦していきましょう!