読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑談ネタ宝庫 トレンディア

最新のトレンドニュースを仕入れて雑談に困らないようなブログにしていきます。応援よろしくお願いいたします。

小西威規 犯行の動機と理由と顔写真画像はある?警察官にも刃物で立ち向かってきたってマジ?

小西威規は2016年11月29日19時10分頃、京都府京都市北区衣笠東開キ町で、女性40歳と男の子6歳を刃物で切りつけて、頭に怪我を負いました。

命には二人とも別状はなかったのでよかったですが、恐ろしい事件ですね。

小西容疑者も、警察官の発砲により負傷しているそうですが、警察の方も適正な判断だったと思います。

小西容疑者の犯行の動機と理由はなんだったのか。そして顔写真や画像について調べてみたいと思います。

 

 

小西威規 犯行の動機と理由は?

まだ、詳しい情報がでていませんので確証はないのですが

二人の親子は、近所の人だったみたいです。そのことから通り魔だったんじゃないかと予想されます。

つまり、誰でもよかったことになります。

非常に残虐で許せない事件ですよね。警察の方にも刃物で立ち向かってきたらしいので、完全に頭がおかしくなっていたことが予想できます。住所も職業も不詳らしく

名前も偽名かも?って噂も流れていますね。

どちらにせよ、まだ事件から数時間しかたっていませんのでこれから詳しい情報が分かってくるのだと思います。

 

小西威規 顔写真画像はある?

残念ながら、色々検索した結果顔写真はなかったです。

これも画像が公開され次第更新していきますね。

 

小西威規に発砲した警察の巡査部長がネット上で賞賛に!

30代の巡査部長が5発拳銃から銃弾をはなったみたいですが、小西容疑者の両足に四発あたったみたいです。素晴らしい、命中率ですね。

致命傷にはならない両足と動けなくなるのところを狙うところがやはり凄いところだと思います。

とっさにこの判断ができる警察官はなかなかいないと思いますので、私も賞賛されるべきだと思いました。刃物もった男が迫ってきたらぶっちゃけ、怖くて逃げ出しそうになりますよね。

勇敢な巡査部長に敬意を表したいです。

 

まとめ

襲われた親子に命には関わらなかったみたいですので、本当に良かったと思います。

どうして、小西容疑者は事件を起こしてしまったのか。

私が予想するのは、普通の神経をすでにしていなくて錯乱状態だったと思われます。

どんな精神状態であったとしても、けっして許される事件ではありません。

これから事件の動機についていろいろ言及があると思いますが、詳しいことは現段階ですとわからなかったです。

また、発砲して住民を守った巡査部長の行動は素晴らしい行動だったおもいます。

 

実践で銃弾を使う機会っていうのも、こういう時しかないものですが5発中4発もの命中率でとっさに判断できたっていうのは凄い事だと思いました。

これは、賞賛されるべき行動だと思いました。このような警察官が身近にいてくれたら市民も安心できますね。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!